歯周病の原因

歯周病の原因

歯周病は、放置していれば歯を失いかねない深刻な病気です。

なぜ歯周病になってしまうのか、その原因を突き詰めていくと歯と歯茎の境目にある隙間に食べかすなどが蓄積し、それを餌に細菌が繁殖して炎症が起きてしまったためです。細菌は歯垢と呼ばれる粘り気のある物質を作り出し、口をすすいだくらいでは落ちなくなります。そしてその歯垢の中で繁殖していき、歯茎の炎症を越したり歯の土台となる骨を溶かしていくのです。

歯と歯茎の隙間は、歯ブラシでは届きにくいところですが、角度をつけて毛先が入り込むようにすれば磨くことは可能なので、日頃から気をつけなければいけない部分です。なお歯の治療をしてクラウンをつけたとき、隙間があるとそこにも細菌が繁殖するとがあります。また食生活や運動不足も歯垢がつくられやすくなる要因となりえます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 知覚過敏の予防治療
    自分の口のなかの状態も、健全なときには思いもしないことですが、一旦知覚過敏などといった状態になってし…
  2. 歯周病の予防治療
    歯周病の予防治療の基本はプラークコントロールです。プラーク(歯垢)の中には歯周病菌が潜んでいるためこ…
  3. 虫歯の原因
    虫歯の原因は日ごろからの糖質の過剰摂取であり、頻繁に食べる習慣をつけると、それだけ口の中には長い間糖…

関連リンク

  • 矯正歯科 京都

    アルデブラン・デンタルクリニック京都院では、見えない歯並び矯正治療をもっと身近に受けていただけるように、安心の費用設定や、丁寧なカウンセリングをおこなっています。口元の印象は第一印象として重要な部分です。美しい笑顔を手に入れて、自信につなげませんか?

    www.kyouseishika-kyoto.jp/

PAGE TOP