歯周病の予防治療

歯周病の予防治療

歯周病の予防治療の基本はプラークコントロールです。プラーク(歯垢)の中には歯周病菌が潜んでいるためこれを取り除くことが必要になります。そのために大事なのは日常の歯磨きです。

歯ブラシの大きさは隅々まで磨きやすいように小さめが便利です。毛のかたさは普通が一番いいでしょう。硬めはプラークを取り除く効果が高いですが、歯茎を傷めて歯周病の悪化につながる場合があります。普通の硬さでも十分にプラークを取ることはできます。既に歯磨き中に出血がある場合は柔らかめを使い炎症が治まるのを待ちます。

また歯ブラシだけでは全てのプラークを取り切る事はできません。特に歯間部は他のアイテムと併用する必要があります。歯間ブラシはゴムタイプと金属ワイヤータイプがあります。初めての場合はゴムタイプのほうがやわらかいので抵抗が少なく使用することができます。歯間が狭い場合はデンタルフロスのほうが歯間ブラシよりも適しています。ホルダーなしもありますが慣れるまではホルダーありのほうが使いやすいです。

ワンタフトブラシ(部分みがき専用歯ブラシ)は奥歯・親知らずや歯の裏側など歯ブラシの毛先が当たりにくい部分に使用します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 知覚過敏の予防治療
    自分の口のなかの状態も、健全なときには思いもしないことですが、一旦知覚過敏などといった状態になってし…
  2. 歯周病の予防治療
    歯周病の予防治療の基本はプラークコントロールです。プラーク(歯垢)の中には歯周病菌が潜んでいるためこ…
  3. 知覚過敏の原因
    知覚過敏症状はどんな人であっても起こる可能性がある歯に関するトラブルです。エナメル質が摩耗し…
PAGE TOP