舌痛症の原因

舌痛症とは特に舌の表面にも内部にも明確な局所的病変を伴わないにもかかわらず、先端や縁に疼痛を覚える病気です。

痛みの内容はピリピリするものであったり、焼けるような痛みであったりします。中年以降の女性におおいとされていますが、女性ホルモンの分泌量の減少や、うつ病などの心理的要因、あるいはカンジダなどの常在菌の影響など諸説提唱されていますが、明確な原因は特定されていません。

ただ認知行動療法の有効性を裏付ける報告がされていることから。精神的要因が大きいと推察する見解も有力です。これは舌に痛みを感じていることが大きなストレス要因になって作用しており、不安やうつがいたみを増悪させている可能性が高いからです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 歯周病の予防治療
    歯周病の予防治療の基本はプラークコントロールです。プラーク(歯垢)の中には歯周病菌が潜んでいるためこ…
  2. 歯周病の原因
    歯周病は、放置していれば歯を失いかねない深刻な病気です。なぜ歯周病になってしまうのか、その原…
  3. 知覚過敏の原因
    知覚過敏症状はどんな人であっても起こる可能性がある歯に関するトラブルです。エナメル質が摩耗し…
PAGE TOP