舌痛症の予防治療

舌痛症とは読んで通りに舌に痛みが出る病気です。特に舌の表面に異常が見られないにもかかわらず、先や縁にひりひりするいたむや焼けるような痛みが継続するのが特徴です。

中年以降の女性に多く明確な原因はわかっていないのが現状ですが、ホルモンバランスの変化や神経の失調・精神的な要因も指摘されています。

このように舌痛症は明確な原因が特定されていないので、予防治療も根治的なアプローチはありません。日常生活に支障が無いレベルに痛みを緩和する対症療法が中心になります。現在では科学的にエビデンスをもって有用性が確認されているのは「認知行動療法」があります。

そのほかには抗けいれん薬の局所口腔内投与や、内服療法なども試みられています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 歯周病の原因
    歯周病は、放置していれば歯を失いかねない深刻な病気です。なぜ歯周病になってしまうのか、その原…
  2. 知覚過敏の原因
    知覚過敏症状はどんな人であっても起こる可能性がある歯に関するトラブルです。エナメル質が摩耗し…
  3. 虫歯の原因
    虫歯の原因は日ごろからの糖質の過剰摂取であり、頻繁に食べる習慣をつけると、それだけ口の中には長い間糖…

関連リンク

  • ダレスリュック

    YOUTAのダレスリュックで出来る男に。日常のビジネスバッグから、出張時のバッグにも使える、さまざまなサイズバリエーションと、手持ちタイプ・リュックタイプなどお好みのデザインを選ぶことができます。自立する型崩れしないレザーバッグはYOUTA。

    basicstyle.co.jp/

PAGE TOP