上手な歯の磨き方

丁寧に磨いたり雑に磨いたりというのは人によって様々ですが、それとは別に、上手な歯の磨き方というものをきちんと知って実践しているという人はあまり多くないのではないでしょうか。

最近では歯医者さんに行くと治療と平行して磨き方を指導してくれるところも多くなってきているように、毎日の歯磨きというのは非常に重要なものです。

ブラシの当て方など技術的な面もそうですが、歯を磨くタイミングも重要だと最近は言われています。食後すぐは口内に消毒効果のある成分が分泌されるため、そのタイミングで磨くとかえって歯によくないと言われています。

食後すぐではなく、およそ30分間隔を開けるのが最も効果的なタイミングだというのが一般的です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 知覚過敏の予防治療
    自分の口のなかの状態も、健全なときには思いもしないことですが、一旦知覚過敏などといった状態になってし…
  2. 知覚過敏の原因
    知覚過敏症状はどんな人であっても起こる可能性がある歯に関するトラブルです。エナメル質が摩耗し…
  3. 歯周病の予防治療
    歯周病の予防治療の基本はプラークコントロールです。プラーク(歯垢)の中には歯周病菌が潜んでいるためこ…

関連リンク

  • 有田焼 販売

    ご自宅で有田焼は使っていますか?伝統的な有田焼ですが、ヤマト陶磁器では現代の食卓にマッチするオシャレで独創的な有田焼を豊富に取り揃えています。普段の食卓に彩りを加える有田焼を是非チェックしてみてください。

    www.yamatotoujiki.co.jp/

PAGE TOP