毛先の柔らかい歯ブラシを使うデメリット

毛先の柔らかい歯ブラシを使うデメリットは、細い毛先と柔らかさが汚れを落としにくくしているところです。

オールマイティなのは普通タイプですが、普通と比べてみてもブラッシングの力は弱くなります。歯の表面や隙間の汚れも、柔らかいだけに落としにくいのはマイナスポイントです。

細い毛先は隅々まで磨けるものの、弱さがあるので毛先はほかの硬さよりも、ずっと傷みやすくなります。快適に使い始めることが出来ても、ソフトで細いため毎日のブラッシングで愛用をしていると、かためや普通タイプよりも歯ブラシとしての寿命は短いです。毛先が傷みやすくて広がりやすいので、他のタイプよりも頻繁な買い替えが必要になります。

歯の健康を考えて柔らかい歯ブラシを使う時には、歯ブラシを買い替える頻度も短いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 知覚過敏の原因
    知覚過敏症状はどんな人であっても起こる可能性がある歯に関するトラブルです。エナメル質が摩耗し…
  2. 知覚過敏の予防治療
    自分の口のなかの状態も、健全なときには思いもしないことですが、一旦知覚過敏などといった状態になってし…
  3. 虫歯の予防治療
    虫歯なってしまうと極初期の虫歯を除き自然に治ることがありません。だからこそ予防治療が重要とな…
PAGE TOP