動物は歯磨きしているの?

人間はむし歯になりやすく、歯磨きをしていても発症することがあるほどです。なんと30万年以上前の人類も残された骨から、歯周病や虫歯で苦しんでいたことが分かっているのです。

それでは動物も虫歯に悩まされたり、歯磨きをしているのでしょうか。動物は通常は虫歯にはなりません。その理由は人間のように砂糖が入ったものを食べないからです。むし歯は主に砂糖などの糖質をエサにする原因菌が、歯のエナメル質を溶かすことで発症します。野生の動物は固いものを噛んで歯が折れたり、齢を取り歯がすり減るとむし歯になることがありますが歯を磨くことはありません。

野生の動物は虫歯になると食べ物が満足に食べられなくなり、早く寿命をむかえてしまうのです。人に飼われている動物は飼い主が糖質を含む甘い食べ物を与えると、むし歯になることがあります。ペットの犬や猫のむし歯は増えており、歯磨きも必要です。しかし歯にブラシを当てることを嫌がるケースが多く、歯磨きそのものが難しいのです。

ペットの歯磨きができない場合には、ブラッシング効果があるフードやおやつで対応するしかないのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 虫歯の予防治療
    虫歯なってしまうと極初期の虫歯を除き自然に治ることがありません。だからこそ予防治療が重要とな…
  2. 知覚過敏の原因
    知覚過敏症状はどんな人であっても起こる可能性がある歯に関するトラブルです。エナメル質が摩耗し…
  3. 歯周病の原因
    歯周病は、放置していれば歯を失いかねない深刻な病気です。なぜ歯周病になってしまうのか、その原…
PAGE TOP