コスパの良いデンタルフロスの選び方

口腔内のケアのために歯間部分は極めて重視されることは、あらためて言うまでもありません。

歯ブラシでのブラッシングももちろん大切ですが、歯と歯の隙間をしっかりとケアしておくことが望ましいものです。そういった意味からもデンタルフロスは慎重に選ばなければなりません。

実際のテストを行ったところ、太目のサイズのデンタルフロスを歯間に入れたものの抜けなくなったことも珍しくありません。選び方はかかりつけ医に相談するのが得策ですが、その際もコスパの良さを大切にベストなものを選択することがポイントになってきます。

多くのデンタルフロス製品が提供されていますが、頻繁に使用する消耗品でもありますので、単価との兼ね合いも考慮して選ぶことが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 知覚過敏の予防治療
    自分の口のなかの状態も、健全なときには思いもしないことですが、一旦知覚過敏などといった状態になってし…
  2. 歯周病の予防治療
    歯周病の予防治療の基本はプラークコントロールです。プラーク(歯垢)の中には歯周病菌が潜んでいるためこ…
  3. 知覚過敏の原因
    知覚過敏症状はどんな人であっても起こる可能性がある歯に関するトラブルです。エナメル質が摩耗し…
PAGE TOP