口臭予防に効果のある食生活

口臭の原因は様々ありますが、重要なことは‘唾液の分泌’にあると思います。唾液には口内の細菌の増殖を抑え清潔に保つ効果があります。

口臭の原因は口内の細菌が増殖することにあるため、唾液を増やすことで口臭を抑えることができるのです。

食生活を改善することで口臭を予防する方法を見てみましょう。まず朝食は抜かないことです。夜眠っているときは唾液の分泌が減るため口内の細菌が増えた状態になっています。このままでは口臭が発生するのは当然のことで、朝食を食べることにより唾液が分泌し胃に押し流されます。できるだけ固いものを食べるといいでしょう。食パンよりはフランスパン、白米より玄米や十穀米などがいいでしょう。

おかずは食物繊維がたっぷりのもの、つまり洋食より和食の方が適しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 虫歯の原因
    虫歯の原因は日ごろからの糖質の過剰摂取であり、頻繁に食べる習慣をつけると、それだけ口の中には長い間糖…
  2. 歯周病の原因
    歯周病は、放置していれば歯を失いかねない深刻な病気です。なぜ歯周病になってしまうのか、その原…
  3. 歯周病の予防治療
    歯周病の予防治療の基本はプラークコントロールです。プラーク(歯垢)の中には歯周病菌が潜んでいるためこ…
PAGE TOP