歯に悪い食べ物とは

歯に悪い食べ物とはたくさんの糖質を含む食べ物や飲み物であり、エナメルを溶かすのがブドウ糖や砂糖だからです。

酸性に傾く食べ物は、基本的に大切な天然歯を溶かす要因になります。白い砂糖はもちろんお菓子は全般に砂糖ですし、菓子パンやスポーツ飲料に清涼飲料水も砂糖は過剰です。

化学調味料やファストフード、コンビニのお弁当やお総菜など、現代人が美味しいと感じる味わいには、ほとんどが砂糖が含まれています。発酵食品は健康のイメージがありますが、乳酸飲料やヨーグルトなどもpHが低いので要注意です。

ポテトチップスやチョコに甘いパンなどの停滞性食品、炭酸飲料や栄養ドリンクなどの酸性食品なども歯にとっては悪い食べ物になります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 虫歯の予防治療
    虫歯なってしまうと極初期の虫歯を除き自然に治ることがありません。だからこそ予防治療が重要とな…
  2. 歯周病の原因
    歯周病は、放置していれば歯を失いかねない深刻な病気です。なぜ歯周病になってしまうのか、その原…
  3. 知覚過敏の予防治療
    自分の口のなかの状態も、健全なときには思いもしないことですが、一旦知覚過敏などといった状態になってし…
PAGE TOP