【歯ブラシ】お年寄り向け海外製アイテムの選び方・ご紹介

年齢と共に体にはいろいろな変化が現れますが口の中も同じです。

高齢者は唾液の分泌量が少なく自浄作用が低下しているので、虫歯や歯周病になりやすいため毎日の歯磨きはとても重要です。

歯磨きは歯磨き粉よりも歯ブラシ選びが大事で、高齢者の場合はブラシ部分がコンパクトで柔らかいものを選ぶようにしましょう。海外製歯ブラシを使用するなら、歯科予防の先進国スウェーデン製の歯ブラシ「テペ」がよいでしょう。テペは虫歯人口が日本の半分のスウェーデンで人口の80パーセント近くの人が使用している歯ブラシで、日本でも購入することができます。

ブラシの硬さと大きさで4種類ほどありますが、高齢者の場合は口を大きく開けられないこともあるのでコンパクトのソフトタイプがおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 虫歯の原因
    虫歯の原因は日ごろからの糖質の過剰摂取であり、頻繁に食べる習慣をつけると、それだけ口の中には長い間糖…
  2. 歯周病の予防治療
    歯周病の予防治療の基本はプラークコントロールです。プラーク(歯垢)の中には歯周病菌が潜んでいるためこ…
  3. 知覚過敏の予防治療
    自分の口のなかの状態も、健全なときには思いもしないことですが、一旦知覚過敏などといった状態になってし…

関連リンク

  • 熊本 土木

    東生企業が安心・安全の土木工事をおこないます。創業45年、信頼の実績と技術であらゆる現場に対応しています。熊本の土木工事なら東生企業へ。

    www.touseikigyou.com/

PAGE TOP