【歯磨き粉】お年寄り向け機能性抜群アイテムの選び方・ご紹介

長寿大国と言えど、歯が悪いお年寄りが多いのが現状です。歯茎の衰えや唾液量の低下により歯周病を引き起こしたりとお口のトラブルはなかなか改善されにくくなって、ますます効果的な予防法を知っておく必要があります。

まず、発泡剤や研磨剤が含まれていないものが良いです。これらが少ないと磨きすぎによるエナメル質が削られるのを防ぎます。虫歯予防にフッ素が含まれているか確認しましょう。フッ素は細菌の活動の抑制だけでなく、溶けたエナメルの修復も行います。

すでに歯周病の症状がある方には、イソプロピルメチルフェノールIPMPと塩化セチルビリジニウムCPCが含まれているものがいいでしょう。殺菌効果があり、進行防止に役立ちます。

またカモミールやセージなどのハーブは殺菌効果に加え、抗炎症作用がありますので歯磨き粉を選ぶ際は、表示を確認して選びましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 知覚過敏の予防治療
    自分の口のなかの状態も、健全なときには思いもしないことですが、一旦知覚過敏などといった状態になってし…
  2. 歯周病の予防治療
    歯周病の予防治療の基本はプラークコントロールです。プラーク(歯垢)の中には歯周病菌が潜んでいるためこ…
  3. 虫歯の原因
    虫歯の原因は日ごろからの糖質の過剰摂取であり、頻繁に食べる習慣をつけると、それだけ口の中には長い間糖…

関連リンク

  • くま 手術

    目の下のくまでお悩みの方。銀座みゆき通り美容外科が、悩み解消のお手伝い。皮膚を切らない治療で、慢性的に消えないくまを治療しています。まずはご相談ください。

    www.biyou-clinic.jp/

PAGE TOP