【デンタルフロス】子供向け機能性抜群アイテムの選び方・ご紹介

歯ブラシでは取り切れない、歯と歯の間の汚れを取ってくれるのがデンタルフロスの役割です。

デンタルフロスには大人用だけでなく、小さなお子さんでも使いやすい子供用も販売されています。

口の大きさに合わせたコンパクトなサイズで、楽しくケアできるよう味や香りに工夫されたものなどもあります。デンタルフロスは一般的に、糸巻きタイプとホルダータイプの2種類が存在しますが、子供用の場合は簡単に使えるホルダータイプがおすすめです。また、ホルダーのグリップ部がピックになっているタイプは、誤って手を怪我してしまう可能性があるので避けた方が無難です。

形状は、口の奥にあるため歯磨きが難しく、汚れが溜まりやすい臼歯部まで届くY字型がおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 知覚過敏の予防治療
    自分の口のなかの状態も、健全なときには思いもしないことですが、一旦知覚過敏などといった状態になってし…
  2. 歯周病の原因
    歯周病は、放置していれば歯を失いかねない深刻な病気です。なぜ歯周病になってしまうのか、その原…
  3. 虫歯の原因
    虫歯の原因は日ごろからの糖質の過剰摂取であり、頻繁に食べる習慣をつけると、それだけ口の中には長い間糖…

関連リンク

  • エイジングケア 銀座

    〈BEAUTY CLINIC the GINZA〉のN-COGスパイラルは溶けるスレッド(糸)なので安心です。加齢によるお顔の悩みを解決してくれるアンチエイジング。たるみやしわを改善し、若返りを叶えてくれます。まずはお気軽にご相談下さい。

    bctg.tokyo/

PAGE TOP