【デンタルフロス】若者向け海外製アイテムの選び方・ご紹介

欧米など海外では歯ブラシを使って歯磨きをするだけではなく毎日デンタルフロスを使ってお手入れをしている人も多いので、海外メーカーの製品は100メートルくらいの長さがあったりいつでも持ち運べるようになっていたり、ヘビーユーザー向けのものが目立ちます。

ミント味が付いていたりスポンジ状に膨らんで吸水性がよいものがおすすめで、日本製よりもやや太めでしっかりした素材になっています。

口腔で定評がある「Oral-B」や「GUM」、ジョンソン&ジョンソンの「REACH」などが若者に人気で、パッケージが外国っぽくてシンプルなことや、糸ようじではなくロール状になっているので好きな長さだけ切り取って使えるのがメリットです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 知覚過敏の原因
    知覚過敏症状はどんな人であっても起こる可能性がある歯に関するトラブルです。エナメル質が摩耗し…
  2. 虫歯の予防治療
    虫歯なってしまうと極初期の虫歯を除き自然に治ることがありません。だからこそ予防治療が重要とな…
  3. 歯周病の予防治療
    歯周病の予防治療の基本はプラークコントロールです。プラーク(歯垢)の中には歯周病菌が潜んでいるためこ…
PAGE TOP