知覚過敏の原因

知覚過敏の原因

知覚過敏症状はどんな人であっても起こる可能性がある歯に関するトラブルです。

エナメル質が摩耗したり、歯ぐきが下がったりするなどといった一般的なトラブルが原因となり少しずつ悪化していく状態のことを指します。20歳ぐらいの若い世代から50歳ぐらいまでの年代の人たちに知覚過敏の症状がある人が多い傾向にあります。この症状は歯の奥の方にある柔らかい象牙質がむき出しになってしまうことが原因となり生じる訳です。

象牙質には象牙細管が数千本も歯の中心に方向に伸びています。これが露出すると、冷たい液体などによる外側から加わる刺激が象牙細管を介して歯の神経に伝わって結果的に強い痛みを瞬間的に感じるようになってしまうのです。

この痛みが知覚過敏症状の特徴になります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 歯周病の原因
    歯周病は、放置していれば歯を失いかねない深刻な病気です。なぜ歯周病になってしまうのか、その原…
  2. 知覚過敏の予防治療
    自分の口のなかの状態も、健全なときには思いもしないことですが、一旦知覚過敏などといった状態になってし…
  3. 歯周病の予防治療
    歯周病の予防治療の基本はプラークコントロールです。プラーク(歯垢)の中には歯周病菌が潜んでいるためこ…
PAGE TOP