ドライマウスの原因

ドライマウスの原因は口腔内の唾液分泌量が減ってしまうためであり、常に乾燥を口の中に感じる状態です。

日頃の積み重なったストレスが引き金になることもあれば、筋力低下で乾きやすくなることもあります。服用をしている人なら医薬品が引き金となって、口腔内が乾くこともありますが、これはお薬の副作用によるものです。

安易に考えることが出来ないのは、ドライマウスが起きているのは、実は何かの疾患が原因というケースもあるので、放置をすることは出来ません。病気としては腎不全や糖尿病などの疑いがあるため、早めの対処が必要になります。

普段は意識をすることなく、適度にお口の中で唾液が分泌されますが、十分に唾液が出ないことはストレスとなり、余計にドライマウスが悪化することがあるため要注意です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 歯周病の予防治療
    歯周病の予防治療の基本はプラークコントロールです。プラーク(歯垢)の中には歯周病菌が潜んでいるためこ…
  2. 虫歯の原因
    虫歯の原因は日ごろからの糖質の過剰摂取であり、頻繁に食べる習慣をつけると、それだけ口の中には長い間糖…
  3. 歯周病の原因
    歯周病は、放置していれば歯を失いかねない深刻な病気です。なぜ歯周病になってしまうのか、その原…
PAGE TOP