【歯ブラシ】お年寄り向け環境に優しいアイテムの選び方・ご紹介

何歳になっても自分の歯でご飯が食べられるというのは大事な事です。

そのためには毎日の歯磨きに使うアイテム選びも重要です。歯ブラシはできるだけ歯茎を傷つける事のないような柔らかい物を選ぶと安心です。

使用感の好みでかためを選ぶ方もいるかもしれませんが、年齢とともに歯ももろくそして歯茎も傷つきやすくなってきますので、できればやらわかめを選ぶ方が理想です。また磨きやすいようにヘッドは小さめがよいでしょう。

最近では歯周病になっている方が多いという事で、歯ブラシも歯周病対策ができるように歯周ポケットを磨きやすく作られている歯ブラシも出ていますので、ニーズに合わせて時分にあったものを選んでいくようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 歯周病の原因
    歯周病は、放置していれば歯を失いかねない深刻な病気です。なぜ歯周病になってしまうのか、その原…
  2. 知覚過敏の原因
    知覚過敏症状はどんな人であっても起こる可能性がある歯に関するトラブルです。エナメル質が摩耗し…
  3. 知覚過敏の予防治療
    自分の口のなかの状態も、健全なときには思いもしないことですが、一旦知覚過敏などといった状態になってし…

関連リンク

  • 練馬 幼稚園

    練馬区で幼稚園をお探しならみずほ幼稚園へ。謙虚さ、人間性を育てることを基礎とし、「技術」ではなく「意欲」を育てる教育をおこなっています。お子様のやる気や好奇心を尊重し、心身ともに健やかに成長できる幼稚園です。

    www.mizuho.ac.jp/

PAGE TOP